戦国ビッチピンボール6

特集

大阪ビル放火

2021年12月17日、大阪市の繁華街「北新地」の雑居ビルで火災が発生し、容疑者を含む27人が死亡しました。

特集一覧

親族も望まなかった、26人殺害容疑者の遺骨 引き取った女性の正体

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
メダデ教会内に安置された谷本盛雄容疑者の遺骨=大阪市西成区で2023年11月28日、久保玲撮影
メダデ教会内に安置された谷本盛雄容疑者の遺骨=大阪市西成区で2023年11月28日、久保玲撮影

 その遺骨は、誰からも引き取りの申し出がなかった。26人の死者を出した放火殺人事件の容疑者のものだ。親族すら名乗りを上げず、事件から1年以上が過ぎた頃、容疑者とは一面識もない1人の女性が引き取った。「放っておけなかった」と語るそのわけとは――。【洪玟香】

「あんたの人生、つらかったね」

 路上生活者が多く集まるとされる大阪市西成区。住宅が密集する一角に、赤い十字架が壁に掛けられた小さな建物がある。「メダデ教会」。ここに谷本盛雄容疑者(当時61歳)の遺骨が引き取られている。2021年12月17日、大阪・北新地の雑居ビルに入る心療内科クリニックに放火し、現場に居合わせた院長やスタッフ、患者計26人を殺害したとされる容疑者だ。自身も現場で煙を吸い込んだとみられ、約2週間後に死亡した。

 教会に遺骨が届いたのは23年9月1日。事件から1年と8カ月半が過ぎていた。「関係ない人を巻き込んで殺した罪は重い。それでも『あんたの人生、つらかったね』と思う人がおることを知ってほしい」。教会の西田好子牧師(73)が信徒たちを前に演説した。谷本容疑者の遺骨の引き取りを希望した、その人だ。

「『第二の谷本』を生まな…

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文2274文字)

【大阪ビル放火】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集