戦国ビッチピンボール6

特集

イスラエル・ハマス戦闘

パレスチナ自治区ガザ地区を支配するイスラム組織ハマスが2023年10月7日、イスラエルへの戦闘を開始しました。

特集一覧

「もう少しで救出だったが…」人質誤射をイスラエル首相が釈明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
イスラエルのネタニヤフ首相=エルサレムで12月10日、ロイター 拡大
イスラエルのネタニヤフ首相=エルサレムで12月10日、ロイター

 イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザ地区でイスラム組織ハマスに拘束されていた人質の男性3人を誤って殺害したことを巡り、イスラエルのネタニヤフ首相は16日の記者会見で「兵士は人質奪還のために自らの命を危険にさらしている。もう少しで救出できるところだったが、惨事が起きた」と釈明した。「軍事的な圧力がなければ人質全員を解放できない」とも語り、今後も戦闘を続ける意向を強調した。

 イスラエル軍などによると、死亡した人質3人は全員20代で、1人はアラブ系遊牧民ベドウィンだった。軍との遭遇時、3人はいずれもシャツを身につけておらず、1人は戦意がないことを示す白旗をつけた棒を掲げていた。武器や爆発物を持っていないことを示そうとしたとみられるが、兵士はハマスのわなだと考えて発砲。2人がその場で死亡した。残る1人は負傷して建物内へ逃げ、イスラエルの公用語ヘブライ語で助けを求めたものの、外へ出てきたときに別の兵士に射殺されたという。

イスラム組織ハマスの人質となり、イスラエル軍兵士の誤射で死亡したアラブ系遊牧民ベドウィン男性の埋葬の様子=イスラエル南部で12月16日、ロイター 拡大
イスラム組織ハマスの人質となり、イスラエル軍兵士の誤射で死亡したアラブ系遊牧民ベドウィン男性の埋葬の様子=イスラエル南部で12月16日、ロイター

 ハマスの戦闘員は民間人のような服装をしていたり、子供の泣き声をスピーカーで流してイスラエル兵を誘い込んだりしているとされる。兵士はこの3人についても、自爆テロを狙う戦闘員などと誤認した模様だ。イスラエル軍のハレビ参謀総長は16日、声明で「白旗を掲げた人物に発砲するのは禁じられているが、(今回の件は)戦闘の重圧の中で起きた」と述べた。

 こうした中、ハマスに拘束されている人質の家族は16日、イスラエル中部のテルアビブで記者会見を開き、ネタニヤフ政権に対し、ハマスとの人質解放交渉を進めるよう要請した。出席者からは「(交渉に関する)説明が何もない」「人質が(死亡して)ひつぎで戻るのを待っているのか」などと政権への厳しい批判の声もあった。一方、人質の誤射については、前線の兵士に「過ちはない」と理解を示した。

 ハマスとの交渉再開に向けた動きも報じられている。ロイター通信などによると、仲介するカタールの外務省は16日、新たな休戦に向けて外交努力を続けていると表明。15日には同国のタミム首長が、イスラエルの対外諜報(ちょうほう)機関モサドのバルネア長官と欧州で会談した。ただ、ハマスは16日、「交渉の再開は完全な停戦が実現してからだ」と仲介国に伝えたと発表。双方の隔たりは大きい模様だ。

イスラム組織ハマスに拉致された人質の解放を求め、写真を掲げてアピールする家族と支援者ら=イスラエル中部テルアビブで12月16日、ロイター 拡大
イスラム組織ハマスに拉致された人質の解放を求め、写真を掲げてアピールする家族と支援者ら=イスラエル中部テルアビブで12月16日、ロイター

 ガザ地区では16日も激しい戦闘が続いた。パレスチナメディアによると、ガザ北部では空爆で少なくとも14人が死亡した。イスラエル軍は16日、北部ジャバリアのカマル・アドワン病院での軍事作戦を終え、戦闘員90人を拘束したと発表。病院職員が保育器に武器が隠されていると認め、実際に銃器や爆発物などが発見されたと主張した。ガザ市では15日に二つの学校を急襲し、降伏した一部の戦闘員を拘束したという。

 一方、ハマスに連帯するイエメンの親イラン武装組織フーシ派は16日、イスラエル南部に対して「大規模な無人機による軍事作戦」を実施したと発表した。米中央軍によると、紅海に展開するミサイル駆逐艦カーニーがイエメン方面から飛んできた無人機14機を撃墜したという。フーシ派は紅海を航行する商船やイスラエルを狙った攻撃を繰り返している。【カイロ金子淳】

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集