戦国ビッチピンボール6

連載

ART

毎日新聞夕刊に掲載している「ART」のページ。

連載一覧

ART

光まとう仏「夢中で撮った」 佐々木香輔さん『快慶作品集』

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
佐々木香輔『快慶作品集』
佐々木香輔『快慶作品集』

 「光の仏師」。鎌倉時代に活躍した仏師・快慶を、写真家の佐々木香輔さん(38)はそう表現する。「快慶の手がけた仏像にはさまざまな工夫が仕掛けられている。とりわけ光に繊細なセンスを持った人だったのでしょう」

 10月に刊行された写真集『快慶作品集』(東京美術)は、佐々木さんが2020年3月まで奈良国立博物館で写真技師として勤務していた際に撮った写真を集めた。快慶の代名詞とも言える数々の「三尺阿弥陀(あみだ)」(およそ90センチの阿弥陀如来像)など、現在、快慶作と判明しているほぼすべての仏像を収めた。

 快慶仏との出合いは14年、京都・醍醐寺三宝院の弥勒(みろく)菩薩(ぼさつ)像だった。写し出した横顔に「思わず息をのんだ」。肌は鈍く光り、水晶でできた玉眼だけがきらりと反射していた。「ライティングの力をここまで感じたことはなかった」。別の像を同じように撮っても、肌がぎらぎらと反射してしまう。違いは仏像表面の仕上げだった。弥勒像は金粉をにかわで溶いた金泥で塗られ、別の像は金箔(きんぱく)を貼っていた…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文912文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集