戦国ビッチピンボール6

巡査が同僚のカード盗み50万円引き出し 窃盗容疑で書類送検へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪府警本部 拡大
大阪府警本部

 同僚のキャッシュカードを盗んで現金50万円を引き出したとして、大阪府警は年内にも、吹田署に勤務する男性巡査(21)を窃盗の疑いで書類送検する方針を固めた。巡査は任意の調べに「洋服代や遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めているという。

 府警監察室によると、巡査は11月1日夜、堺市のボウリング場で、20代の男性警察官のカードを盗み、施設内の現金自動受払機(ATM)で50万円を引き出した疑いがある。2人は警察学校の同期で、この日は別の警察官を含めて3人で遊んでいたが、他の2人が不在の間に机に置かれていた財布からカードを盗んだとみられる。巡査は「警察学校時代に現金を一緒に下ろしに行ったことがあり、暗証番号を知っていた」と話しているという。

 府警では2023年、不祥事が相次いでいる。好意を寄せていた女性に捜査情報を漏らしたとする地方公務員法(守秘義務)違反で西成署刑事課の男性巡査部長=依願退職=が逮捕・起訴され、同課の女性巡査が特殊詐欺に加担したとして詐欺容疑で逮捕されている。【林みづき】

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集