戦国ビッチピンボール6

特集

スポニチ

スポーツニッポン新聞社から配信を受けています。

特集一覧

お初天神で成功祈願 中村壱太郎「原点に戻って、曽祖父と祖父の初共演を思い描いて…」

記事配信

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
お初天神で舞台の成功を祈願した中村壱太郎(左)と尾上右近 拡大
お初天神で舞台の成功を祈願した中村壱太郎(左)と尾上右近

 歌舞伎俳優の中村壱太郎(33)、尾上右近(31)が18日、近松門左衛門「曽根崎心中」の舞台となったお初天神(露天神社)で「立春歌舞伎特別公演」(来年2月2~18日、大阪松竹座)の成功を祈願した。

 2人は同公演で、夜の部を締めくくる演目「曽根崎…」で共演する。3度目のヒロインお初を演じる壱太郎は「祖父(故・坂田藤十郎さん)が残してくれた作品であることを意識して、今回はあえて原点に戻って、曽祖父(二代目中村鴈治郎)と祖父の初共演を思い描きながらやりたい」と力を込めた。

 お初との心中に走る徳兵衛に初挑戦の右近は、壱太郎が19歳でお初に挑戦した京都南座での公演を観劇したという。「当時、まさか自分がこの役をやるなんて思ってもいなかったし。実は今年の8月、近松が出てくる本を読んだんです。このタイミングで、こんな大役が回ってくるなんて。目に見えない力に呼んでもらっているような。自分にとっても大切な1ページになる」と不思議な巡り合わせを口にした。

 来年は近松の没後300年にもあたる。壱太郎は「そういう記念すべき年の幕開けに曽根崎心中をする、という強い思いで挑みたい」と覚悟をにじませた。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集